人気ブログランキング |

クロスオーバー ☆

ウダウダ過ごしてしまった8月・・・
反省したいのですが、この先も夏は同じように過ごすのが目に見えています。
だって、暑いんですものっ!
だから、反省せずわが道を行く私です024.gif

海堂尊さんの『ブレイズメス1990』を読みました。c0222486_21203729.jpg
映像化された「チーム・バチスタの栄光」の作者といえば、
ご存じの方も多いでしょう。
海堂さんは今も現役のお医者様としてご活躍されて
います。
医者の仕事の合間にチョチョイと執筆されてる
イメージがありますが、
実際に速筆で、いつどこでも書くことに
取り組めるそうです。
きっと集中力がとてもあるのでしょうね。

海堂さんの作品はその知識を生かした医療問題が、
架空の「桜宮市」を舞台に描かれています。
登場人物が各作品間でリンクしているのもおもしろく、
読者は懐かしい知人に会ったような気持ちになります。

今回の「ブレイズ~」も同様で、「バチスタ~」の16年前という設定で、
他の作品ですでに亡くなってしまった人が元気に登場したりします。
新たに登場の天城先生は、破天荒だけど優秀な腕をもち、
どこか「ブラック・ジャック」を思わせます。

まるでどこかに実在する「桜宮」の人々の暮らしを、
たまに抜き出して眺めているかのようです。
だから時々「元気に暮らしてるかな?」と消息を尋ねたくなります。
「ブレイズ~」も物語が完結しているのではなく、読者は
「天城先生は今も相変わらずの仕事ぶりだろうな」と思うのではないかしら。

映像化された作品は一本も観ていないので、コメントできませんが、
ぜひ原作の小説を読んでみてくださいね。
医療に興味があるので、どの作品もおもしろかったですが、
特にお気に入りは『螺鈿迷宮』ですc0222486_2121941.jpg


 プリザーブドフラワー教室・パフュームデラローズ
by takai15kepu | 2010-08-26 21:30 | おススメ図書