読者はミタ

東野圭吾さんの『歪笑小説』(わいしょうしょうせつ)読みました016.gif
今回もいきなり文庫(記事はこちら)です。

出版界の裏側に迫るこの本は、
ユーモア小説全12話の短編集です。
c0222486_11302175.jpg


新人編集者、新米作家、売れない作家、編集者の家族・・・
それぞれの思惑や苦悩が描かれています。
タイトルは
  伝説の男
  夢の映像化
  序ノ口
  罪な女
  最終候補
  小説誌
  天敵
  文学賞設立
  ミステリ特集
  引退発表
  戦略
  職業、小説家

と、なっていて、どれから読んでもおもしろいです。

お話の内容はほぼ実話では?と思うほどリアルで、
私たちが手にする<本>が形になるまでを
のぞき見している気分です。
登場人物はあきらかにモデルがいると思われます。
名前から簡単にわかる人も出てきます。
これは誰かと想像するのも楽しいですね024.gif

東野さんがインタビューなどで今まで語ってきた
出版・販売システムの問題などが、
登場人物の口から強く訴えられています。
もちろんユーモアたっぷりですが、
実は問題は深く、深刻であることを考えずにはいられませんでした。

  巻末広告
もあって、登場する作家たちの本の紹介となっています。
ここもじっくり読んでくださいね。
東野さんという方は、こんなところまで手をぬかないと
感心させられました。


映画『麒麟の翼』も上映してますね!
東野さんの思い描いていた場面が、
映像に見事に表現されているそうです。
JUJUさんの歌う『Sign』もせつなくて、
素敵です。

 『麒麟の翼』記事はここから

 映画『麒麟の翼』公式サイト

東野さんからはいつも
「キミはどうしたいの?キミはどう思うの?」
とメッセージが発信されている気がします。
「あ~、おもしろかった」で済ませてはいけないと・・・
心に「なにか」を焼き付けていく東野作品が大好きです

 プリザーブドフラワー教室・パフュームデラローズ
[PR]
トラックバックURL : https://parfumrose.exblog.jp/tb/17434789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by takai15kepu | 2012-02-10 11:31 | おススメ図書 | Trackback

プリザーブドフラワー/お花のある暮らし・好きな音楽・映画・食・本・日々のあれこれを綴っています


by フラワー
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31